04-7127-3072

VOLVO専門店の認証工場(運輸局認証番号3-4380)車検・整備・修理・点検などお任せください

メカニックブログ

ボルボV60 T4 エンジンオイル漏れ

V60T4のエンジンオイル漏れです。

アンダーカバーを外すとオイルパンとインタークーラーホースがオイルまみれです。ヘッドカバーから漏れて下に垂れてきています。

エンジンカバーを外すとエキマニにもオイルが垂れています。

ヘッドカバーパッキンを交換するには イグニッションコイルやインジェクターやホース類を外します。

昔の車と違い ヘッドカバーに到達するまでが大変です。

 

ヘッドカバーをようやく外しました。パッキンを交換します。

エンジンの中はキレイです。オイル管理が悪いと、黒く汚れてしまいます。燃費の悪化やオイルの消費が多くなります。

組上げていきます。インジェクターの脱着は注意が必要です。ホース類も折損に注意しながら作業します。

ホースと言っても最近はゴムではなくプラスチックのパイプになっています。

組上げたらエンジン始動して、オイル漏れ、ガソリン漏れの確認をして完了です。

ボルボ940 エンジンオイル漏れ

エンジンオイル漏れです。

オイルフィルターからの漏れに見えますが、その後のオイルクーラーのパッキンからです。

オイルフィルターを外して、中央の突起を外します。

すると、オイルクーラーが外れます。漏れの原因のパッキンが見えます。

新品と比べますと、劣化具合がわかります。

オイルフィルターは外したので交換かんです。エンジンオイルは、まだキレイなので補充で完了です。

 

ボルボ850 サスペンション交換

850T5-Rのサスペンション交換です。NIVOMATのオイル漏れが交換理由ですが、高額の為 ダウンサスと普通のショックでの交換になりました。

今回はザックスのショックアブソーバーとJAMEXのダウンサスです。850のダウンサスも仕入れづらくなりました。

 

前後ともアッパーマウントを同時に交換しました。

T5-Rは元々 車高低めですので結果、1cm程度のダウンです。

最後にサイドスリップとハンドル位置を調整して完了です。

 

ボルボV70 エアコンガス漏れ

エアコンが効かない V70 T5の入庫です。

ガス圧を点検しますと かなり低いので、どこか漏れています。

エンジンルームの上からは漏れが確認できないので下から点検します。

アンダーカバーを外します。最近のボルボは、何をするにもアンダーカバーの脱着が必要です。ネジも多いです。

コンデンサーの下部に ガス漏れの形跡を発見。

ラジエターのサポートを外してみると黄色いオイルが付着しています。エアコンガスです。

確認の為 ブラックライトで照らすとドライヤーのフタから漏れています。

これが、フタです。プラスチックにOリングが付いてます。

交換して清掃します。真空引きをして一晩 放置します。真空状態が保たれていれば大丈夫です。

確認後、エアコンガスとオイルを充填して完了です。

XC70 3.2 エンジンマウント交換

リバース時やハンドルを切った時に 振動が出ると言う事で入庫です。

暖機後ですと 分りづらいですが冷間時は振動が良くわかります。

右のエンジンマウントを交換します。トルクロッドは、まだ新しいので交換しません。

エキスパンションタンクを外します。

エンジンを固定してアンカレッジを外すとダメなマウントが出てきます。

右が新品です。一目で つぶれている事がわかります。

裏側でも 違いがわかります。古い方は 黒いシリコンが流出してきました。

復元して冷却水を補充して作業完了です。

 

ボルボV40 モニター映らない。シティーセーフティー不良。

V40のモニターが 映らなくなり、メーターにメッセージが出ています。

 

これでは、エアコンの操作もできません。

 

BLISやクルーズコントロールも作動しません。

テスターで診断しますと、モニター本体のエラーが多数入っていました。

対応は、交換しかありません。

   

 

モニターは ICMと言って ユニットになっています。裏にはカプラーが複数あり他のユニットとリンクしています。中古品の利用は不可能で、交換の際もソフトウエアーのリロードが必要です。

 

交換後は すべて正常にもどりました。

ボルボ850 ヘッドライトリフレクター再メッキ

車検で御入庫ですが、ヘッドライトの光量不足で車検に通りません。

向って左は交換前のライトで、右は交換後のライトです。左はメッキの艶が無く曇って見えます。

下側が再メッキしたリフレクターです。

交換すると運転席からの視界も明るくなりますし、ヘッドライトがキラキラしていると見映えも良くなります。

最後に光軸を調整します。12000カンデラ→57000カンデラまで復活します。

時々、青いバルブを入れている車がありますが、その場合は25000~28000程度までしか上がりませんので普通のバルブへの交換を お勧めしています。

ボルボV50 DCTオイル交換

V50やV60等の4気筒車のA/TはDCTです。今までのA/Tとは違います。

DCTも定期的なオイルメンテナンスは必要です。変速がギクシャクした場合等は交換しましょう。

 

V50はエアクリーナーBOXをはずします。その下にオイルを入れる所があります。

 

ドレーンは2箇所あり両方から抜きます。ミッションの横にオイル量を確認するプラグがあります。

  

オイルを抜き取ります。これは汚れは少ないですが、ひどい場合は黒いオイルが出てきます。

  

オイルフィルターも交換します。ミッションの外にあり、エンジンオイルのエレメントのような構造です。

オイルパンを外すような事はありません。

 

新しいオイルを入れていきます。テスターで油温を見ながらオイル量を合わせていきます。

最後に試運転をして 再度オイル量を確認して完了です。

ボルボV60 エアコンコンプレッサー交換

エアコンが効かず御入庫です。まったく冷えずコンプレッサーが作動しません。

コンプレッサーまで電気は来ているのでコンプレッサー内部不良でリビルト品と交換です。

 

コンプレッサーはエンジン下部にあり、比較的に交換は楽な方と思います。

 

交換したコンプレッサーです。今回はリビルト品なので古いコンプレッサーは返却します。

O/Hされて違う車の所へ出荷されます。

 

交換後、真空引きをして しばらく放置します。真空状態が保たれていれば漏れは無いと言う判断です。

規定量のエアコンガスを充填して完了です。良く冷えるようになりました。

ボルボ シティーセーフティー不良

シティーセーフティーが うまく作動しないS60の入庫です。

 

メーターには

 

「リヨウデキマセン」のメッセージです。車速の問題や道路の線が見えづらい場合もこのメッセージですが、今回は始動直後からです。カメラが認識不良のようです。

 

ルームミラーの後にカメラはあります。

 

右が新品のカメラです。品番変更していますので改善されているのだと思います。

 

交換後、スタンバイになりました。

カメラは交換した場合 キャリブレーション調整を走行しながらテスターで実施しないと使用できません。

正常に作動する事が確認できたので、カバーを付けて完了です。