04-7127-3072

VOLVO専門店の認証工場(運輸局認証番号3-4380)車検・整備・修理・点検などお任せください

メカニックブログ

ボルボV70 ストップランプ点灯せず

電球を交換したけど ストップランプが点灯しないとの事で御入庫です。

285には多くある不具合で、バルブソケットの不良です。

dsc03806  dsc03804

スピーカーグリルを外しスピーカーを外すと バルブソケットが外せます。ウインカー、ストップ、スモール、すべてが非常に外しづらく 取り付けにくいです。

dsc03803

右がダメなバルブソケットです、接触不良の為に焼損してます。ひどい場合、ランプボディーも溶けてしまいます。

その場合はソケットを新品にしても取り付けできないので、ランプボディーも交換です。

dsc03805

今回はランプボディーは大丈夫でした。

点灯確認をして完了です。

EVもやりますよ。

以前にボルボ以外の整備や中古車を御紹介しましたが、今回EVの御注文を頂きました。

電気自動車は低電圧講習以来なので 取説を読みながら操作から勉強です。

dsc03790

でも、エンジンがモーターになっただけなので、その他は今までと一緒です。

dsc03792

ボンネットの下にはモーターとインバーターがあります。

整備内容はガソリン車より少ないです。オイル、ベルト、エアクリーナー、プラグ等

無いからです。

車検の為に運転しましたが、「速いっ」そして「スムーズ」です。本当に充電の問題さえ

解消すれば「欲しい。。。」って思いました。できれば テスラ が欲しいです。

ボルボXC70 コンデンサー交換

エアコンが効かずで御入庫です。点検しますと、コンデンサーからガス漏れです。

 DSC03778

コンデンサーの交換には、ラジエターとインタークーラーを一緒に外す必要があります。写真の様に前部分がスカスカになります。下からゴッソリ抜きます。

DSC03780

右が漏れてるコンデンサーです。ピンホールが3ヶ所あるらしく、漏れたガスのシミが横長につながってます。左が社外の新品です。ブラックにコーティングされてます。

DSC03782

こんな感じでラジエターとインタークーラーをドッキングさせます。この後 バンパーの下から丸ごと取り付けます。重さで、少し腕がプルプルします。

DSC03784

組み付け後 真空引きをしてエアコンガスを充填します。同時にLLCのエア抜き作業もして、完了です。

ボルボV70 オルタネーター異音

アイドリングでエンジンから「ギコギコ」音がします。 診断しますとオルタネーターのワンウェイクラッチの異音です。リビルト品と交換する事にしました。

 DSC03765

オルタネーターを交換するには パワステポンプを外し、コンプレッサーと共締めの為、コンプレッサーを ずらす必要があります。

 DSC03768

右が古いオルタネーターです。37万km走行です。。。良く、働いてくれました。10万km以内で壊れるオルタネーターが多い中 奇跡的な走行距離です。

 DSC03770

ドライブベルトテンショナーのプーリーも一緒に交換しました。手で回すと「ザー」と音がしてました。

 DSC03771

あとは復元です。

 DSC03774

交換後、念の為 充電量と放電電流の点検をして完了です。

ボルボ850 ダッシュボード異音

前回 V70Rのダッシュボードの修理以降 作業依頼が増えた ダッシュボードの「バキッ!」音です。

今回は 850です。原因は同じなのでダッシュボードを分解します。

 DSC03730

このような感じです。インダッシュナビが付いていたので配線が多いです。

  DSC03729 DSC03731

左の写真は修理前です。固定する部分が完全に割れてます。右は それらを修正及び補強した所です。

今回の作業過程で エアバックとホーンのコンタクトリールが劣化で 崩れてましたので中古と交換です。

 DSC03732

左が崩れたコンタクトリールです。固定する部分が欠落しコードも飛び出しています。

 DSC03734

欠落した部分はコラムシャフトに残ってます。20年も経過しましたので仕方ないです。

このままですと、SRSランプが点灯したり ウインカーが戻らない時があったりします。

 DSC03736

ダッシュボードを組み付けて、各スイッチ類の作動確認とナビゲーションの設定をして完了です。

 

 

ボルボXC70 エアコン効かず

エアコンの効きが悪く、左の吹出し口は特にぬるいと言う事で御入庫です。

エアコンガス圧を測定しますと、完全にガスが不足しています。

 DSC03719

点検しますとコンデンサーからガス漏れしており 交換になりました。

 DSC03714

まずは、バンパーと左ヘッドライトを外します。

 DSC03711  DSC03720

コンデンサーの漏れている部分です。左は目視でも判るほどです。念の為、ブラックライトを当てると黄色く光っています。(右の写真)

 DSC03712

今回は社外品のコンデンサーを使用しました。

 DSC03716

新品のコンデンサーを取り付けます。

 DSC03715

その後 エアコンサイクルを真空引きして ガスを充填ます。

バンパーとヘッドライトを戻して完了です。

よく冷えるようになりました。

 

ボルボ850 クランクシール オイル漏れ

エンジンオイル漏れです。A/Tとエンジンの境目から漏れてますので、クランクシャフトシールを交換します。

  DSC03666

その為に、A/Tを外します。

  DSC03663

まずは、A/Tの上側を分解してネジを外していきます。この後メンバーを外すのでハンガーをセットします。

  DSC03667

メンバーを外した後、ドライブシャフト等を外して、A/Tを降ろします。

  DSC03668

ドライブプレートを外すと オイルシールから漏れているのが良くわかります。

この後オイルシールを交換して復元します。

ボルボV70 ヒーターコア交換

V70の2003yモデルのヒーターコアの交換です。前モデルのV70と違いダッシュボード分解です。

 DSC03598

オーディオやメーター、センターコンソール等 どんどん外していきます。

 DSC03600

ダッシュボードを外すとヒーターコアが見えてきます。

 DSC03601

漏れたLLCが緑の固まりになってます。ここのOリングだけで済む場合もあります。

 DSC03604

新しいヒーターコアと交換してダッシュボードを復元します。

その後、助手席のカーペットやマットにもれたLLCを掃除して完了です。

ボルボV70R アングルギヤ交換

走行中に 「ゴトゴト凄い音がします!」と御入庫です。試運転しますと、「よく ここまで自走してきましたね」と思う位の轟音です。

 DSC03613

原因はアングルギヤ(センターデフとか、トランスファとも言う)の内部です。

 DSC03605

分解しますと プロペラシャフトが接続するフランジのベアリングです。

 DSC03608

ベアリングがデコボコになってます。

 DSC03606

相手のベアリングレースも傷だらけです。

 DSC03610

今回は この中古と交換します。交換後 静かな走行に戻りました。しかし新品はA/Tのリビルトより高額なんて。。。

ボルボV70R A/T→5M/T載換③

作業も だいたい完了したので 構造変更検査をうけます。「公認」です。

「動力伝達装置を前進手動5速変速機へ変更」です。

 DSC03589

型式にも ( 改 )が入りました。

車両重量も 1730kgから1690kgに減量です。

 DSC03594  DSC03596

今回は お客様の御依頼ではなく 在庫車両ですので、中古車として販売します。

2000yのAWDのM/T化は 初めてだったので試作感覚でしたのでベースになった車両は

14万km走行で小キズも多いです。完了後に試運転は 沢山したので、すぐ乗り出せます。

  DSC03595

不具合は電動格納ミラーが無い所ですが 現状販売です。詳しくは 在庫車両のページを

見て下さい。近日、アップします。