04-7127-3072

VOLVO専門店の認証工場(運輸局認証番号3-4380)車検・整備・修理・点検などお任せください

メカニックブログ

ボルボS80 エンジンオイル漏れ

ボンネットを開けると オイルの焼けた臭いがします。

ヘッドカバーから漏れたオイルがエキマニに たれています。火災事故にもなる可能性があるので

至急、修理します。

DSC03460

希少なV8エンジンです。 カバーパッキンを交換するにはインマニを外す必要があります。

しかし、でかいエンジンだ。。。

DSC03453

ヘッドカバーが外せる状態になりました。作業は片バンクずつやります。

DSC03455 DSC03457

まずは 簡単に手前から。古いパッキンは カチカチでプラスチックみたいです。

 DSC03458 DSC03456

奥側は フューエルラインがあったり せまかったりで、難儀です。

 DSC03459

交換後、復元します。インマニは2段に分割され、間にはインジェクターパイプや配線があるので

慎重に作業します。

最後に エンジンルームをスチーム洗浄して完了です。

ボルボV70 ダッシュボードの異音

V70(875)は ダッシュボードが「バキバキ」とか「ミシミシ」とか、走行中に外れてしまいそうな音がするようになる事が多々あります。

今回 これから納める中古車ですが、登録に陸運局に行く道中 バキバキ音が酷く 「修理しないとダメだな」となりました。

とりあえず、ダッシュボードを外します。

  DSC03445

よく、見る風景です。今回はエバポレーターの交換とかでは無いので これ以上は分解しません。

  DSC03449  DSC03448

ダッシュボードを固定するネジの相手側が こっぱみじん になってます。

  DSC03447

そのカケラと 脱落したネジの相手側です。

  DSC03451 DSC03450

このように エポキシでガッチリ固めます。念のため24時間 放置して固めます。

この後、再現して試運転します。バキバキ音は消えました。後日 無事に納車です。

  

ボルボV40 デイランニングライト取付

2013yのV40はデイライトが付いてません。メッキのカバーになっています。これをデイライトに交換します。

DSC03430

まずは、バンパーを外します。こうしないとメッキのカバーが外せません。

DSC03432

裏側からカバーを外し 純正のLEDデイライトを取り付けます。

DSC03433

すき間が開かないようにバンパーとエアガイドを うまく固定しながら装着します。

DSC03434

点灯させるために エアストさんのコーディングレスKITを使用しました。2013yモデルは配線が

きてないので、コーディングレスKITは必ず必要です。

★年末年始のおしらせ2016★ 12月29~1月5日

平素は皆様に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社の年末年始の休業日を

平成27年12月29日~平成28年1月5日までとさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承頂きたく御願い申し上げます。

尚、1月6日より通常営業いたします。

ボルボV70 ABSからブレーキオイル漏れ

ブレーキオイルが減ると言う事で御入庫です。

ABSモジュールから漏れており 交換が必要です。

DSC03382

ブレーキオイルでABSユニットがオイルまみれです。恐らく中まで浸透してます。

  DSC03383

こうなってしまうとコントロールユニットは再利用できません。リペア済みの中古と交換です。

  DSC03384

このモジュールから漏れてます。こちらも今回は中古で交換します。

ブレーキオイルは 水分を吸いやすいのと引火しやすい性質があります。コントロールユニット

を再利用した場合、浸透したオイルに引火する可能性もあります。又、将来的に湿気を吸収して

内部が錆る事もあると思います。

  DSC03385

組込み後、ブレーキラインのエア抜きをします。ブレーキオイルは水で落とす事ができますので

作業後は良く水を流して洗浄します。

ボルボV50 シフトゲートブラインド交換

シフトレバーの根元に 穴が開いたとの事で御入庫です。

 DSC03374

シフトブラインドが割れてしまっています。

  DSC03376

まずは、センターコンソールを外します。オーディオパネルなどを分解する必要があります。

  DSC03377

シフトレバーを外して 基盤を外すと やっと出てきます。

  DSC03378

こんな状態です。

  DSC03380

復元後、テスターでシフトの状態と 作業による故障コードのリセットをして完了です。

ボルボ240 オドメーター修理

オドメーターの不動です。

分解すると、メーターギヤが欠けています。

 DSC03370

時々、「ギヤを交換しても 動かない」と言う相談を受けます。それは 基盤の不良が

多くあります。

  DSC03371

この車両も ハンダが割れている部分があったので ハンダを付け直します。

  DSC03372

組込み後 10~15km程度 試運転しインジケーターランプや照明を確認して完了です。

ボルボV70R ラジエター水漏れで交換

ラジエターから水漏れです。

 DSC03343

アッパーホースの付根と その下のカシメから漏れてます。ラジエターは交換です。

 DSC03340

V70Rは ラジエターにアプローチするまでに外す部品が多いです。インタークーラーパイプ

や、タワーバー、エアクリーナーBOXなど。ラジエター本体を外すのも専用インタークーラー

の為、やりづらいです。

 DSC03363

今回は 社外品で交換します。右の旧品も昔は シルバーでした。黒く汚れています。

 DSC03364

新しいラジエターを載せ 復元していきます。

  DSC03367 DSC03366

エキスパンションタンクが ヒビ割れしていたので これも交換しました。

後は エンジンルーム内に漏れたLLCを スチーム洗浄して完了です。

ボルボ850 タイミングベルト交換

850のタイミングベルト交換です。

ダンピングエレメントのテンショナーは 久しぶりです。

 DSC03336

タイミングベルトと テンショナー、アイドラプーリーを交換します。

  DSC03337

右側のアイドラプーリーが古い物です。最初の頃のタイプで、良く異音がしたり外れたりしました。

  DSC03339

今回はウォーターポンプは大丈夫そうなので 交換はしませんでした。

  

ボルボV70 左ウインカー作動せず。

左ウインカーが出ません。ウインカーレバーの内部不良は 良くありレバー交換をしますが、

今回は様子が違います。点検したところステアリングホイールモジュールが不良です。

  DSC03285

ハンドルを外し コンタクトリールが見えます。この奥にモジュールがあります。

  DSC03284

コンタクトリールと一体で外した後 モジュールを付け替えます。右が新品。

  DSC03288

組込み後 ステアリングを付けますが、左手に持っているプレートがコラムシャフトに共締め

されます。これはウエイトで、アイドリング時の振動を軽減する役割を持ちます。状況に応じて

重さが違う物に交換する事ができます。

 DSC03289

交換後 テスターの自己診断と作動点検で完了です。