04-7127-3072

VOLVO専門店の認証工場(運輸局認証番号3-4380)車検・整備・修理・点検などお任せください

メカニックブログ

年末 年始休業のおしらせ

平素はアウトゲゼレをご愛顧頂きありがとうございます。

誠に勝手ながら12月29日~1月5日まで冬季休業とさせていただきます。

また年始は、1月6日より通常営業いたします。

宜しくお願い致します。

 

ボルボV70 エンジンオイル漏れ カムシール交換

エンジンオイルが減ると言う事で 御入庫です。

点検しますとカムシャフトのリヤオイルシールから漏れているようです。

dsc03842

点検の為に分解します。トルクアームブッシュと そのステーを外し カムシャフトセンサーを外さないといけません。

dsc03841

カムシャフトセンサーを外すと オイルが漏れていました。オイルシールは硬化しており外す時も「ポロッ」と取れてしまいました。ひどい車両の場合は 走行中に抜け落ちてしまい突然オイルランプが点灯して エンジンオイルがエキマニに垂れて白煙を出します。

dsc03845

オイルシール交換後、エンジンルームと下回りをスチーム洗浄して 試運転をして漏れの確認をして終了です。

ボルボ240 低速で振動

20km/h以下の低速や ブレーキの停車前に「ドドド」とボディーに振動があります。

点検しますと デフ(ホーシング)を支える トルクロッドブッシュとキャリアブッシュが切れてます。まずは、これらのブッシュを交換します。

dsc03834  dsc03833

これがトルクロッドのブッシュです。交換した物は

dsc03836

これです。全部グスグスです。

dsc03830  dsc03839

上の写真は キャリアブッシュです。

これらがダメですと。ブレーキ時や加速時にデフ全体が動いてしまい、振動の原因になります。

ただ、今回はこれだけでは済みませんでした。デフが動いていた為にプロペラシャフトのジョイントにガタがでてしまいました。

dsc03835

プロペラシャフトは生産中止で入手できませんので中古と交換します。

dsc03829

中古のプロペラシャフトなのでシャシブラックで塗装してから装着しました。

dsc03827

ブレーキで停車のたびに 不快な振動がありましたが今回の整備で改善されました。

ボルボV70 エンジン不調

エンジン不調で入庫です。症状的にはイグニッションコイルがダメっぽいですが、少し様子がちがいます。

他のイグニッションコイルと交換しても改善しない為 プラグを交換しようと外しますと、ガイシが無くなってます!!祈りながらプラグ交換して始動しますが 変わらず・・・。

コンプレッションを測定しますと No1とNo4が 圧縮ゼロです。大至急 ヘッドを降ろす事に。。。

dsc03812

上の写真は 通常のピストンです。が。。。

dsc03811

No1とNo4は 上の写真のようになってました(汗)。もうダメです。バルブ側は、、

dsc03814

こんな状態でした。バルブシートがエグれてしまってます。

dsc03817

普通は上の写真のように バルブがピタっと閉じてますが、

dsc03815

エグれた部分にバルブが当り閉じない状況です。これでは圧縮はゼロです。

イグニッションコイルやデストリビューター等の不具合で失火した状態で走行を続けますと今回のように 取り返しのつかない事になります。チェックランプの点灯や不調がある場合は あたりまえですが、早めの対応が良いです。

ボルボ940 シフトレバー交換

90年代のボルボは シフトレバーが砕ける事があります。今回は940なのでシフトレバーにオーバードライブスイッチがある為、引っこ抜いて 刺す。だけではありません。

dsc03794

作業はシフトレバーハウジングごと外す必要があります。室内側からとミッション側からと上下攻めです。

dsc03796

ごっそり外したら、さらに分解です。オーバードライブスイッチの配線がシフトレバーの中を通す為、めんどくさいのです。

dsc03797 dsc03798

さらに、そのスイッチの配線だけをカプラーから抜きます。これで やっと引っこ抜けます。

dsc03799

それで、上のような状態になります。

dsc03801

左が新品、右が砕けたレバーです。レバーの左上が欠けてます。

dsc03809

組み付け後、シフトゲートの照明の確認とオーバードライブスイッチの作動を確認して完了です。

ボルボV70 ストップランプ点灯せず

電球を交換したけど ストップランプが点灯しないとの事で御入庫です。

285には多くある不具合で、バルブソケットの不良です。

dsc03806  dsc03804

スピーカーグリルを外しスピーカーを外すと バルブソケットが外せます。ウインカー、ストップ、スモール、すべてが非常に外しづらく 取り付けにくいです。

dsc03803

右がダメなバルブソケットです、接触不良の為に焼損してます。ひどい場合、ランプボディーも溶けてしまいます。

その場合はソケットを新品にしても取り付けできないので、ランプボディーも交換です。

dsc03805

今回はランプボディーは大丈夫でした。

点灯確認をして完了です。

EVもやりますよ。

以前にボルボ以外の整備や中古車を御紹介しましたが、今回EVの御注文を頂きました。

電気自動車は低電圧講習以来なので 取説を読みながら操作から勉強です。

dsc03790

でも、エンジンがモーターになっただけなので、その他は今までと一緒です。

dsc03792

ボンネットの下にはモーターとインバーターがあります。

整備内容はガソリン車より少ないです。オイル、ベルト、エアクリーナー、プラグ等

無いからです。

車検の為に運転しましたが、「速いっ」そして「スムーズ」です。本当に充電の問題さえ

解消すれば「欲しい。。。」って思いました。できれば テスラ が欲しいです。

ボルボXC70 コンデンサー交換

エアコンが効かずで御入庫です。点検しますと、コンデンサーからガス漏れです。

 DSC03778

コンデンサーの交換には、ラジエターとインタークーラーを一緒に外す必要があります。写真の様に前部分がスカスカになります。下からゴッソリ抜きます。

DSC03780

右が漏れてるコンデンサーです。ピンホールが3ヶ所あるらしく、漏れたガスのシミが横長につながってます。左が社外の新品です。ブラックにコーティングされてます。

DSC03782

こんな感じでラジエターとインタークーラーをドッキングさせます。この後 バンパーの下から丸ごと取り付けます。重さで、少し腕がプルプルします。

DSC03784

組み付け後 真空引きをしてエアコンガスを充填します。同時にLLCのエア抜き作業もして、完了です。

ボルボV70 オルタネーター異音

アイドリングでエンジンから「ギコギコ」音がします。 診断しますとオルタネーターのワンウェイクラッチの異音です。リビルト品と交換する事にしました。

 DSC03765

オルタネーターを交換するには パワステポンプを外し、コンプレッサーと共締めの為、コンプレッサーを ずらす必要があります。

 DSC03768

右が古いオルタネーターです。37万km走行です。。。良く、働いてくれました。10万km以内で壊れるオルタネーターが多い中 奇跡的な走行距離です。

 DSC03770

ドライブベルトテンショナーのプーリーも一緒に交換しました。手で回すと「ザー」と音がしてました。

 DSC03771

あとは復元です。

 DSC03774

交換後、念の為 充電量と放電電流の点検をして完了です。

夏季休業のお知らせ  8月11日~8月16日

拝啓 
盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、誠に勝手ながら弊社では、8月11日(木)~8月16日(火)までを夏期休業期間とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。なお8月17日(水)より通常営業いたします。

                                     敬具