04-7127-3072

VOLVO専門店の認証工場(運輸局認証番号3-4380)車検・整備・修理・点検などお任せください

メカニックブログ

ボルボV50 シフトゲートブラインド交換

シフトレバーの根元に 穴が開いたとの事で御入庫です。

 DSC03374

シフトブラインドが割れてしまっています。

  DSC03376

まずは、センターコンソールを外します。オーディオパネルなどを分解する必要があります。

  DSC03377

シフトレバーを外して 基盤を外すと やっと出てきます。

  DSC03378

こんな状態です。

  DSC03380

復元後、テスターでシフトの状態と 作業による故障コードのリセットをして完了です。

ボルボ240 オドメーター修理

オドメーターの不動です。

分解すると、メーターギヤが欠けています。

 DSC03370

時々、「ギヤを交換しても 動かない」と言う相談を受けます。それは 基盤の不良が

多くあります。

  DSC03371

この車両も ハンダが割れている部分があったので ハンダを付け直します。

  DSC03372

組込み後 10~15km程度 試運転しインジケーターランプや照明を確認して完了です。

ボルボV70R ラジエター水漏れで交換

ラジエターから水漏れです。

 DSC03343

アッパーホースの付根と その下のカシメから漏れてます。ラジエターは交換です。

 DSC03340

V70Rは ラジエターにアプローチするまでに外す部品が多いです。インタークーラーパイプ

や、タワーバー、エアクリーナーBOXなど。ラジエター本体を外すのも専用インタークーラー

の為、やりづらいです。

 DSC03363

今回は 社外品で交換します。右の旧品も昔は シルバーでした。黒く汚れています。

 DSC03364

新しいラジエターを載せ 復元していきます。

  DSC03367 DSC03366

エキスパンションタンクが ヒビ割れしていたので これも交換しました。

後は エンジンルーム内に漏れたLLCを スチーム洗浄して完了です。

ボルボ850 タイミングベルト交換

850のタイミングベルト交換です。

ダンピングエレメントのテンショナーは 久しぶりです。

 DSC03336

タイミングベルトと テンショナー、アイドラプーリーを交換します。

  DSC03337

右側のアイドラプーリーが古い物です。最初の頃のタイプで、良く異音がしたり外れたりしました。

  DSC03339

今回はウォーターポンプは大丈夫そうなので 交換はしませんでした。